脂肪燃焼を助ける湿布ダイエット

湿布ダイエットの方法

あなたは「湿布ダイエット」の方法を知っていますか?

 

湿布ダイエットといっても、むやみやたらに湿布を貼ればよいという事ではありません。

 

湿布を貼る部位や貼っている時間などによって、効果が大きく変わってくるからです。

 

「足裏湿布ダイエット」の場合は、ダイエットに効くポイントが主に二つです。

 

一つは足の指の付け根の、盛り上がった部分です。

 

指の付け根に湿布を貼ることが甲状腺の刺激となり、更に体脂肪を燃焼しやすくしてくれます。

 

二つ目は足裏の真ん中からかかとの手前まで縦に貼ります。

 

足の真ん中には腎臓、かかとの手前には腸の働きを活発にするツボがあり、むくみをとったり便通を良くする効果があります。

 

湿布は必ず両足に貼りましょう。

 

一度貼ったら、長い時間貼り続けておくのがより効果的です。

 

一日中貼れない場合は入浴後に貼って、そのまま睡眠するのをお勧めします。

 

湿布がはがれてしまう場合は補強テープで剥がれなくしたり、上から靴下をはいたりしましょう。

 

最近はむくみを取るための圧を強くした靴下が売られているので、併用すると良いでしょう。

 

湿布は温湿布でも冷湿布でもかまいません。

 

しかし、「冷湿布ダイエット」の場合は熱を奪うことを目的としているので、温湿布は使わないようにしましょう。

 

また貼るタイミングは、食事の後数分して体がポカポカと暖かくなったころが最も効果的とされています。

 

湿布の冷却効果がなくなるまでずっと貼ったままにしておきましょう。

 

「部分痩せ湿布ダイエット」は、それ専用の薬草エキスをしみこませた湿布を使用します。

 

部分痩せの場合、足裏湿布ダイエットと同じ様に一度張ったら長時間貼っておくのが効果的です。

 

貼る場所は二の腕やふくらはぎ、太ももなど、脂肪細胞の多い部位を選びましょう。

湿布ダイエットの方法関連エントリー


湿布ダイエットの方法や効果についてわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 むくみスッキリ湿布ダイエット All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

湿布ダイエットの方法